シーリング工事

シーリングは、建物のあらゆる隙間やつなぎ目に充填されるゴム状の薬剤です。
普段目立つことのない部分ですが、建物内部への水分の浸入を防ぐというとても重要な役割を担っています。

そんなシーリングも経年劣化により剥がれやひび割れが出てくるので、10年に一度は打ち替え工事が必要不可欠。
劣化を放置してしまうと、漏水トラブルに発展するケースもありますので、注意が必要です。
シーリングの工事には『増し打ち』と呼ばれる、既存のシールの上に新しいシール材を充填するものと、全てのシールを取り除き新たなシールを充填する『打ち替え』があります。
打ち替えは増し打ちに比べて料金が高くはなりますが、古いシールを全て取り除くので後々のメンテナンスはずっと楽。
劣化がひどい場合などは打ち替えをオススメします。
マンションやビルはもちろん、戸建てにも対応しておりますので、お気軽にご相談ください。

こんなところにシーリング工事

▼お風呂場
□ 浴槽とエプロンの隙間
□ 壁とドア枠との隙間
□ 床と壁との隙間
□ 壁の四隅やコーナー
□ 床と各部材(給湯器のリモコン・浴槽)の隙間・接合部分

▼キッチン
□ 壁とキッチンの隙間
□ 床とキッチン台の接合部分・コンロ脇

▼洗面台
□ 壁と洗面台との隙間
□ 床と洗面台の隙間・接合部分

▼トイレ
□ クッションフロア・床と便器の隙間

▼外壁
□ サイディング同士をつなぐ目地部分

一覧ページに戻る